飲食店経営にかかるイニシャルコストとランニングコスト

コストには種類がある

>

飲食店経営を成功させるために

どのような設備が必要なのか

飲食店の経営なら、キッチンの設備が絶対に必要です。
まったく設備が整っていない状態の空き店舗は、大掛かりなリフォームが必要になります。
イニシャルコストが、200万円近くになってしまうかもしれません。
少し費用が高額なので、以前飲食店を経営していた空き店舗を利用するのが良い方法です。
すると料理を作るのに、最低限必要な設備は整っていると思います。

あとは自分で足りない設備を考えて追加するだけなので、大幅に費用を削減できます。
この方法なら、イニシャルコストが100万円前後にまで抑えられるかもしれません。
予算が少ない人は、最低限の設備が整っている空き店舗を選択してください。
そのような場所も、必ず存在しています。

ゆったりした空間を作る

天井が低いと、お客さんが圧迫感を感じます。
お客さんがゆったり過ごせないので、飲食店を経営しても人気を得ることはできません。
みんながゆったりできるよう、天井を高くするのが良い方法です。
キッチンの設備を追加することだけが、飲食店に必要なリフォームではありません。
お客さんが過ごす場所に問題があったら、リフォームで改善してください。

壁を新しく取りつけて、個室を作るのも良い方法です。
個室があれば、お客さんは人目を気にしないで食事に集中できます。
キッチンのリフォームと、食事スペースのリフォームを合わせると200万円から300万円になることが多いです。
そのぐらいのイニシャルコストが発生すると、覚えておきましょう。


この記事をシェアする
TO_TOP