飲食店経営にかかるイニシャルコストとランニングコスト

コストには種類がある

>

ランニングコストとは

ランニングコストに含まれるもの

ライフラインが使えないと、飲食店を経営することはできません。
必ず繋げておいてください。
ライフラインは、毎月料金が発生します。
大体、10万円ぐらいが相場になっています。
他にも消耗品はありますし、お店を宣伝しなければお客さんが来てくれません。
宣伝費なども含めると、ランニングコストは毎月100万円ぐらいになると言われています。

100万円という金額だけ聞くと、かなり高額に感じると思います。
ですがお客さんがたくさん来てくれれば、それだけ収入を得られます。
ランニングコストが高額でも、毎月しっかりと支払うことができるでしょう。
利益が少ないと、赤字になってしまいます。
お客さんを増やすため、どんな方法で宣伝すれば良いのか考えてください。

賃料の予算を決めておこう

賃貸を借りて、飲食店を経営するなら賃料もランニングコストになります。
賃料は非常に重要な部分なので、適当に考えないでください。
前もって、どのくらいの賃料のところなら毎月支払えるか考えておきましょう。
それぞれの賃貸によって、賃料が変わります。
立地条件の良いところは、賃料が高い傾向が見られます。
飲食店が必ず成功すると確信を持っている人は、そのような賃貸を借りても良いでしょう。

しかし収入をうまく得られるか不安な人は、安い賃料のところを選択した方が良いです。
目立たない場所でも、しっかり宣伝すればお客さんが来てくれます。
チラシを作ったり、大きな看板を出したりしてください。
アピールして、お客さんを呼ぶ姿勢が大事です。


この記事をシェアする
TO_TOP